おもしろNBA

NBAのニュースや小ネタなど、面白さをまとめて発信します!

ルーキーのザイオン・ウィリアムソンがチームを勝利に導く、というのは期待し過ぎ?

まだNBAデビューしていないのにもかかわらず、レブロン以来であろう期待を背負っている新人ザイオン・ウィリアムソン。 彼に勝利への貢献を期待するのは不公平か、ということをESPNの「The Jump」で取り上げています。 動画の冒頭でチームメイトのレディック…

元NYKのマイク・ウッドソンHCが語る、メロ、J.R.スミス、そしてNYK

元NYKのヘッドコーチで、現在はフリーの立場であるマイク・ウッドソンがYahoo Sportsの記事に登場。 メロの今後、J.R.スミスとの喧嘩、NYK内のいざこざ等について語っていて面白かったので簡単に和訳してみました。 sports.yahoo.com Q.NYK時代を振り返って…

レブロンが3位に陥落!?来季のベストプレイヤーは誰なのか

ESPNのNBA Rankが発表され、 ランキングが始まった2011年から1位を守り続けてきたレブロンが3位に陥落。 これについて、「First Take」の名物コメンテーター2人、 Stephen A.とMax Kellermanがまた熱く語ってます。 Max Kellermanはレブロン3位賛成派。 その…

ESPNのNBA Rankでルカ・ドンチッチがランクイン、高過ぎか低過ぎか

ESPNが来季のプレイヤーランクを発表していますが、 来季2年目を迎えるルカ・ドンチッチがなんと16位にランクイン。 これについて「The Jump」が取り上げています。 コメンテーターとして出演しているマット・バーンズ(元GSW他)はこれについて、 ・彼は16…

フリースロー時のラインバイオレーションは何故コールされないのか?

GSWとHOUが激戦を繰り広げているCSF。 HOUのホームで行われたGame4を見ていて、ふと疑問に思いました。 フリースローの時、普通に線踏み越えてるけど、これって駄目なんじゃなかったっけ? と。 あまりに普通に踏み越えているので自分の認識が古いのか、ある…

【2019NBAドラフト】1年生ながらデューク大を引っ張った万能型選手、R.J.バレット【候補紹介】

6月に迫った2019NBAドラフト。 続いての紹介は大注目ザイオン・ウィリアムソンのチームメイト、R.J.バレット。 名前:R.J.バレット(R.J. Barrett、本名:ローワン・バレット) 出身大学:デューク大学(NCAA一部 ACC所属) 学年:1年(Freshman) 身長:6'7…

【2019NBAドラフト】ザイオンを抑えての一位指名も?攻撃型PGのジャ・モラント【候補紹介】

6月に迫った2019NBAドラフト。 今回は一位指名の可能性もあると噂されるジャ・モラントを紹介。 名前:ジャ・モラント(Ja Morant、本名:テメトリアス・モラント) 出身大学:マレー州立大学(NCAA一部 OVC所属) 学年:2年(Sophomore) 身長:6'3"(約191…

現在FAのカーメロ・アンソニーがあのチームに戻ってくる??

CSFが始まって益々盛り上がりを見せているNBA。 そんな中、あまり騒がれなくなったカーメロ・アンソニーのニュースが降ってきました。 HOUの一員として10試合に出場するも成績は振るわず、 結局トレードされた先のCHIで解雇。 現在はFAの身で所属先をNBAで探…

数字で見るハーデンの圧倒的なオフェンス力

2018-19シーズンも半分を消化。 スタートダッシュに失敗して低迷していたHOUですが、 エースガードのジェームス・ハーデンのMVP級パフォーマンスで西カンファレンスの上位に復帰! クリス・ポールとエリック・ゴードンを怪我で欠くチームを獅子奮迅の活躍で…

ポポビッチHCの「3pt嫌い」発言について、コメンテーター達の反応は?

ひとつ前の投稿でSASのポポビッチHCの3pt嫌いについて取り上げましたが、 NBAのOBやコメンテーターがこの発言についてそれぞれコメントをしています。 ※【参考】以前の記事:グレッグ・ポポビッチHC「3ptによってバスケットボールは美しくなくなった」 - お…

グレッグ・ポポビッチHC「3ptによってバスケットボールは美しくなくなった」

かつてトライアングルオフェンスでCHI、LALを優勝に導いた名将、フィル・ジャクソンは3pt嫌いで知られるHCの一人。 そして、長らくSASのHCを務めるグレッグ・ポポビッチもその一人。 そのポポビッチHCの3pt嫌いについて、NewYorkPostが記事にしていましたの…

一人トレーニングを続けるカーメロ・アンソニー、今後進む可能性のある道とは

出場わずか10試合で新天地HOUを離れることとなったカーメロ・アンソニー。 まだHOUに所属はしているものの、チームとは帯同せず、来るべき時に備えて一人でトレーニングを続けているようです。 Carmelo Anthony might be done with the #Rockets but he's st…

【2019NBAドラフト】前代未聞の身体能力!最も注目を集める大学一年、ザイオン・ウィリアムソン

アメリカではNBAと同等の盛り上がりを見せる大学バスケ「NCAA」。 そのNCAAで今、NBAの外において最も注目を集めていると言われるフレッシュマン(大学一年生)のバスケットボールプレイヤーが大暴れしています。 その名も「ザイオン・ウィリアムソン」。 名…

現代NBAのオフェンスはもはや止められないのか?

今季のNBAは高得点試合が続出しており、 ここまで絶好調のGSWとMILに至っては平均得点が120点を超えている状態。 これを受けて、 ESPNの記者であるブライアン・ウィンドホースト氏が 「NBAのオフェンスの爆発は止められない」 と題した記事を書いています。 …

元大学No.1ガードの新人トレイ・ヤング、NBAでも証明されたそのドライブ力!

ルーキーながらATLのスターティングPGを任されているトレイ・ヤング。 チーム成績はここまで3勝6敗となかなか上向かないが、個人としては素晴らしいパフォーマンスを披露しています。 ◆対SAS 22得点、3リバウンド、7アシスト、3pt4本成功 ※決勝点となるディ…

来夏に完全FAとなるカワイ・レナード、コメントから想像するその去就

自らチームに移籍希望だしてTORの一員となったカワイ・レナード。 ここまでは個人成績もチーム成績も順調そのものですが、今季は契約最終年のため、来夏は完全FAとなり、また所属先がどこになるかが騒がれるでしょう。 そんなレナードの未来の所属先について…

王者GSWがチーム再建中のCHIを粉砕、そしてGSWスタッツシートが恐ろしいことに。。

ここまで6勝1敗のGSWと2勝4敗のCHIの一戦。 結果は「GSW 149-124 CHI」となんとも一方的な試合となりました。 今シーズンの象徴するような高得点な試合でしたが、 注目すべき点がいくつもありました。 まずは、GSWのハーフでの球団記録となる92得点! www.yo…

MEMの渡邊雄太選手、PHX戦でついにNBAのレギュラーシーズンデビュー!!4分半出場で2得点2リバウンド!!

メンフィス・グリズリーズと2way契約をしている渡邊雄太選手が 現地10/27のPHXとの試合でNBAのレギュラーシーズンに初登場! 試合は第2Q、MEMが1Qでのフランチャイズ記録となる42点を記録して、 ハーフタイムでMEMが25点リードと一方的な展開に。 第3QでPHX…

2018-19シーズン開幕から一週間、ここまでのサプライズは?

今シーズンも開幕してから一週間が経ち、全チームが3~5試合を消化しました。 まだ母数が少ないので何とも言えないですが、開幕から今までの「サプライズ」や「がっかり」と言えば、何があるのでしょうか。 EPSNが記者やコメンテーターの意見をまとめていま…

レブロンのLALホーム初戦となった対HOU戦でまさかの乱闘劇。。ゴングを鳴らした決定的瞬間

LALは初戦のPOR戦を落として迎えたホーム初戦。 対するはこちらも初戦のNOL戦を落として初勝利が欲しいHOU。 試合終盤までリードを奪い合う好展開でしたが、HOUの速攻時に事件は起こります。 まず、ハーデンが速攻でボールを運んでいる時にイングラムがファ…

打倒GSWを目指すHOUの開幕戦、ハーデン・ポール・メロの3人が揃った9分間が酷過ぎる。。

オフの戦力補強に成功したと見られていたHOUですが、 いきなり出鼻をくじかれた模様で。。 まずはハイライトを。 昨シーズンはディフェンス力がリーグ有数だったHOUですが、 開幕戦ではその影も見られず。 131失点っていうのは昨シーズンのどの試合よりも悪…

スティーブン・A・スミス「BOSはGSWさえいなければ優勝する」

昨季は若手選手の活躍でECFまで進出し、 惜しくもレブロン要するCLEに負けてしまうも、 カイリー・アービングとゴードン・ヘイワードの復帰で 来季は更に層の厚みが出来るBOS。 ESPNの番組「First Take」の中で、 BOSがプレーオフをどこまで勝ち進めるかにつ…

引退を決断したジノビリ、そして一時代を終えたSAS

今後の去就が注目されていたSASのマヌ・ジノビリがついに引退を決断しました。 Today, with a wide range of feelings, I'm announcing my retirement from basketball. IMMENSE GRATITUDE to everyone (family, friends, teammates, coaches, staff, fans) …

NBAで一部ルール変更を検討中、「クリア・パス・ルール」「ホスタイル・アクト」とは?

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、 NBAは18-19シーズンに向けて一部ルール変更を予定しているようです。 www.espn.com このルール変更は、次の三つです。 ①オフェンシブリバウンド時のショットクロックリセットを24秒から14秒に短縮する…

ロケッツのPJ・タッカーが「The Jump」に出演、GSWとのECF第7戦について語る!

HOUのフォワード、PJ・タッカーが ESPNの番組「The Jump」に出演したようです。 PJ Tucker talks Game 7 vs. Warriors, Carmelo Anthony, LeBron/KD/Kawhi and more | The Jump | ESPN ◆背番号の変更(4⇒17)について 「17は自分の番号。HOUに来た時はルーキ…

レブロン要するレイカーズ、強豪ひしめくウェストでシーズン何位になる?コメンテーター達の予想

レブロンが加入して一気に注目のチームになったLAL。 来季はそれに加えて ロンゾ・ボール、 カイル・クズマ、 ジョッシュ・ハート という将来有望な若手選手たち ラジョン・ロンド、 ランス・スティーブンソン、 マイケル・ビーズリー、 ジャベール・マギー …

カーメロ・アンソニーはスターター?それともベンチ?

主力フォワード2人を放出してしまったHOU。 先発フォワードとして誰が起用されるのかは、 まだ不透明な状態です。 マイク・ダントーニHCは 新加入のカーメロ・アンソニーを スタートさせるかベンチにするか を明言していませんが、 果たしてどうなるでしょう…

カーメロを加えたロケッツ、昨シーズンよりウォリアーズに近づけた??

カーメロ・アンソニーと口頭で契約合意に至ったとの報道がされたHOU。 クリス・ポールやクリント・カペラとの契約延長ができた一方で トレバー・アリーザとルーク・バー・ア・ムーテを手放してしまいましたが、 HOUは昨季からのステップアップはできたのでし…

レブロンのレイカーズvs王者ウォリアーズのクリスマスゲーム、どんな試合になる??

2018-19シーズンのクリスマスゲームの組み合わせが発表されました。 毎年注目のカードが組まれるクリスマスゲームですが、 今年もレブロンが王者GSWに立ち向かうことになりました。 チームは違いますが、LAL対GSWが予定されています。 この組み合わせについ…

2018-19シーズン、初のオールスター出場を勝ち取るのはどの選手?

かなり気が早い気がしますが、 ESPNの番組「The Jump」の中で、 来季のオールスターで初出場となる選手の予想をしてます。 Who's the most likely first-time NBA All-Star in 2018-19? | The Jump | ESPN クリス・ヘインズ(黒人男性の方)は、 メジャーな…